わかっているけど止められないタバコ

わかっているけど止められないタバコ

わかっているけど止められないタバコ

患者さんに対して禁煙を勧める私たち。

 

でも、実際は喫煙率が高いですよね?

 

喫煙者の中には、学生時代は喫煙禁止の学校に通っていたという子もいて、昔から吸っていたわけではないけれど、看護師になってストレス過多から吸い始めたとか。

 

うちの病院では、患者さんの目に触れにくい場所(屋外)に喫煙スペースがあります。

 

5年くらい前は、医師や看護師などで混雑していたこのスペース。

 

今ではだいぶ縮小されてベンチがひとつあるだけ。

 

喫煙のリスクについては、鬱病も例外ではなくて、私も今までに鬱になってしまった同僚や後輩を何人もみてきたけれど、みんな喫煙者でした。

 

もちろん、これは偶然かもしれない。

 

この狭い範囲の偶然だけをみて、喫煙は鬱に繋がるとは言えないけれど、もっと大規模な調査でそのような統計が出ていることも現実です。

 

さて、うちの病院では、来年から喫煙スペースを撤去する話しが出ています。

 

『生ぬるく本数を減らしたりしても意味はない!禁煙するべし!』ってね。

 

うーん、これはタバコを吸わない看護師も唸っちゃいます。

 

わかってますよ。

 

タバコは健康に悪いこと。

 

そして患者さんに禁煙を勧めながら、自分たちが吸うのも変ですよね。

 

私だって、看護職の喫煙率の高さに疑問を持つこともあるし、禁煙に挑戦する人が増えることを良いとで思っています。

 

でも、一方で仕事が忙しい中でそれくらいしかストレス発散できるものがないことも分かるんですよ。

 

まだ検討段階ではあるけれど、一体どうなることやら。

ももこ


ホーム RSS購読 サイトマップ